猫の水飲み、適切な量は?飲水量を増やすおすすめの水分補給法を解説!

老猫の死亡原因第2位が腎臓の病気だということを知っていますか? 猫は砂漠で生活していた習性がまだ残っているので水をあまり飲みません。この習性が原因で水分量不足による便秘、腎不全症、尿路結石などの疾患へと発展し、生命に危険を与えます。なので、猫は水を十分摂取するだけでも健康を維持することに繋がります。

水を前に突き出したからといって、素直に水を飲む猫ではないのですが、いったいどうしたら水分摂取量を増やせるでしょうか?

勧奨水分量及び給与方法

ペットサプリはKANAGAWA-猫の水飲み、適切な量は?飲水量を増やすおすすめの水分補給法を解説!

望ましい水分摂取量は、猫の体重、健康状態やフードの種類などによって変わります。一般的に猫の体重1キロあたり40から60mlの水分をとる必要があるので、猫の平均体重(4キロ前後)から見て、猫の1日の平均水分摂取量は約200mlになります。1日の活動量が多く、ドライフードをとっている猫の場合、そうでない猫よりも多めの水分を摂ることをおすすめします。決まった時間に餌をあげる場合は、餌を与えるたびにきれいな水を与えて、置き餌の場合は、1日2回以上水を替えると良いでしょう。

もし、猫が十分に水分をとらない場合は、1日1回以上ウェットフードを与えて、不足する水分量を補いましょう。また、現在与えている餌に水を混ぜて与えたり、猫の好きなおやつに水を含んで与えることも水分摂取量を増やす方法としておすすめされています。市販されている猫用のドリンクやティーバッグにマタタビを入れた水をたまに与えてみるのもいいでしょう。腎不全を患っている猫なら、注射器で強制的に与えることもあります。

猫の水分摂取量を増やす最初の方法は、水入れの個数を増やすことです。猫の移動範囲内に複数の水入れを置くことで、喉が渇くたびに手軽に水を飲むことができる環境を作ることができます。仕事や外出時間が長く、水を頻繁に交換することが難しい飼い主の方は、必ずこの方法を行なってください。

ペットサプリはKANAGAWA-猫の水飲み、適切な量は?飲水量を増やすおすすめの水分補給法を解説!

猫用の水入れに入った水を覗いてみてください。 水の上にホコリや猫の毛が浮いていたり、餌が入っていませんか?綺麗好きな性格の猫は汚い水を飲みたがりません。 毎朝きれいに洗った水入れに新鮮な水を入れてあげてください。

では、猫にどんな種類の水を与えるべきでしょうか? 水道水?浄水された水? それともミネラルウォーター? 正解は「何でも構わないが軟水が一番良い」です。 軟水とは、猫の身体に無理を与えるミネラル成分が120mg/L以下含んでいる水のことを指します。ミネラルの豊富な水を持続的に飲むと、猫の腎臓に負担を与えることがあるからです。 

夏の暑い日に、猫に氷を入れた冷たい水を与えていませんか?暑がりな猫たちに、水分量を増やすために氷を入れてみるのもいいですが、冷たい水はお腹をこわすことがあります。猫の体温(38度)に近い温度の水を与えなければいけません。

水入れ

ペットサプリはKANAGAWA-猫の水飲み、適切な量は?飲水量を増やすおすすめの水分補給法を解説!

猫の水分摂取量が少ない場合、どんな食器が好きなのか確認してみてください。繊細で敏感な猫はそれぞれ好きな食器が違います。猫が最も好むとされる水入れは、ガラスの器です。ガラス皿から反射した光が猫の興味を引いて、水入れの近くをうろついていた猫が水に好奇心を持つことで、水分摂取量を増やす効果が得られるそうです。 怖がりで鋭敏な猫なら陶磁器の器をおすすめします。ステンレス材質の場合、ステンレス特有の臭いが気になったり、器に映った自分の姿に驚いたり、水入れに映った日光がかえって猫にストレスを与えることもあるからです。試行錯誤して猫の健康のために様々な材質の器を試してみるといいです。

猫は溜まっている水を汚いと思います。そのため、一部の猫たちは洗面台や流し台から流れ出る水だけを飲もうとします。流水がきれいだと思っている猫の水分量を増やすために、猫用の自動給水器がおすすめです。 一日中流水を与えることができるだけでなく、自動給水器のフィルターが毛やほこりを取ってくれるので、頻繁に水を替える必要がありません。しかし、鋭敏な性格の猫であればフィルターから発生する騒音のせいで給水器を拒否したり、睡眠時間に水が流れる音が騒音に感じられるというデメリットがあります。

猫の水入れの高さも、水分摂取量を増やすのに役立ちます。人ではない猫でも、前かがみの姿勢で床に置いてある水は飲みにくいでしょう。前かがみは、頚椎ヘルニアを誘発し、咳や嘔吐を引き起こすことがあります。何より楽な姿勢で水を飲むことができれば、猫が水を飲む機会を増やすことができるでしょう。猫の肩くらいの高さの水入れや高さ調節ができるペット用の台を使えば、水分量を増やすのに役立つと思います。

場所 

ペットサプリはKANAGAWA-猫の水飲み、適切な量は?飲水量を増やすおすすめの水分補給法を解説!

猫が主に時間を過ごす場所やリラックスできる場所ごとに水入れを置いておきます。もし、人が通るところに水入れがあるなら、敏感な性格の猫たちは、そこの水を飲もうとしないかもしれません。 

水入れは主に餌入れの横に置くことが多いですが、本当は餌入れと水入れは離れた場所に置いたほうがいいです。 猫たちが餌を食べながら餌や餌の粉末が水入れに入る可能性が高いからです。前述したように、綺麗好きな性格の猫たちはきれいな水を好むので、水入れに餌が落ちて水が汚れていたら飲もうとしません。なので、水入れは餌入れとできるだけ遠くに配置し、猫の移動範囲に水入れが複数あるようにしましょう。

ペットサプリはKANAGAWA-猫の水飲み、適切な量は?飲水量を増やすおすすめの水分補給法を解説!

以上、いつまでも健康的なペット生活に向けた第一歩。 水分摂取量を増やす方法について調べてみました。

関連記事

PAGE TOP