愛犬の老化はいつから始まる?老化の原因、老化症状のサインは?

犬を迎えることを迷う方の理由の一つは、人より犬の寿命が短いからです。愛する家族を早く送らなければいけないことはとても辛いことです。人の平均寿命である80~85歳に比べて子犬の平均寿命は12~15歳と非常に短いです。では、犬たちの寿命が人より短いのは何ででしょうか?また、老化はいつから進んでいるのでしょうか? 

Pet_supplement_kanagawa_愛犬の老化はいつから始まる?

犬の成長は、人より8倍も速いそうです。そのため、通常は犬が2歳になっていれば、身体的、そして精神的にも十分成熟した成犬といえます。犬の老化スピードは品種と大きさによって違います。小型犬に比べて成長のスピードが速い大型犬は、老化も同様に早いです。

老化の原因

大型犬の老化スピードが速いのは何ででしょうか?犬の老化スピードの差についての研究によると、食べ物からエネルギー源を得る代謝過程で発生する活性酸素による細胞のダメージが老化の原因だそうです。成長期の大型犬の場合、抗酸化物質発生量に対して活性酸素発生量が著しく多く、活性酸素が体内の正常細胞を攻撃し、老化や病気を引き起こします。なので、小型犬に比べて大型犬の老化スピードが速いのです。また、一部の研究によると、大型犬の速い細胞成長ががんの発生率を高めるそうです。

年齢計算法

大きさによる年齢計算法では、小型犬は成犬(人の年齢で約24歳)に成長してから1年につき5歳ずつ、中型犬は6歳ずつ、大型犬は7歳ずつ年齢を重ねることになります。平均寿命は小型犬15歳前後、中型犬13歳前後、大型犬10歳前後と言われています。

老化のサイン

品種による老化スピードの差の主な理由としては遺伝疾患が挙げられます。柴犬の場合は皮膚や腸が弱く、認知症になる確率が高く、チワワは水頭症、関節炎、緑内障などの遺伝病があります。パグは遺伝的に顔面に腫瘍ができたり、鼻腔狭窄などの疾患にかかりやすく、生まれつき関節が弱いポメラニアンは膝蓋骨脱臼などの病気になることが多いです。そのため、比較的成長速度が遅い小型犬でも、遺伝病によって寿命が左右されることがあります。

Pet_supplement_kanagawa_愛犬の老化はいつから始まる?

長生きさせるための秘訣

犬の加齢や寿命に影響を与えるのは、上にお話ししたサイズや品種のほかにもいろいろな要素があります。飼い主が犬の適正体重を維持し、口腔を清潔に管理して、規則的な運動習慣と快適な生活環境を維持すれば、疾病予防だけでなく、寿命延長に効果的です。また、最近は医療技術の発展やペットフードの品質改善などの影響で長生きする犬が多くなっています。保護者の細やかなケアと温かい愛情を通じて、犬が長く幸せで健康的な生活を過ごせるようにしてあげましょう。

関連記事

PAGE TOP