2匹目の猫を迎える時には気をつけて、先住猫への負担を減らすためのコツとは?

独立的で警戒心が強いと言われている猫は、新しい環境や家族の変化に敏感に反応します。独立した生活を送り、自分の領域内でのみ活動するため、見知らぬ猫が自分の領域に入ってくることを警戒します。こういう猫に、新しい猫の家族を引き合わせるというのは、簡単ではありません。今回は新しい家族に対するストレスを最大限に減らし、安全な引き合わせ方法をお教えします。

猫の性格

Pet_supplement_kanagawa_新たにねこを迎え、成功する引き合わせ方とは?

ひとつめに、現在飼っている猫の性格が新しい猫を受け入れることができるのかを考えます。猫はたいてい警戒心が強いのですが、猫の中でもよく「犬猫」と呼ばれる社会性の高い猫は新しい猫に対して攻撃的ではないことがあります。反面、家にお客さんが来たときにうなったり隅に隠れてしまう猫は、新しい家族を受け入れることはできなかったり時間がかかることがあります。 

引き合わせるための準備物

Pet_supplement_kanagawa_新たにねこを迎え、成功する引き合わせ方とは?

次に、引き合わせるための準備物を整えましょう。猫は自分の領域を重視するので、自分だけの寝床、休憩スペース、食事スペースへ入ってくることにストレスを感じる場合があります。迎え入れる前に新しい猫のための食器、水入れ、クッション、移動するときのバッグ、スクラッチャー、おもちゃ、トイレなどを用意し、生活スペースを分離しておきます。しばらくの間は、隔離した生活をするのが一番安全なので、ドアを閉めて生活できる場所に新しい猫の家を作りましょう。

新しい猫をお迎え

Pet_supplement_kanagawa_新たにねこを迎え、成功する引き合わせ方とは?

もう新しい猫をお迎えする段階です。このとき注意する点は、新しい猫を先住猫に見せないことです。 もし先住猫が新しい猫のための部屋について変に思っているとしても、飼い主はいつもと変わらず生活する姿を見せ、猫の警戒心を緩める必要があります。 もし、猫が部屋のドアに向かって鳴いたりうなったりしても飼い主は猫をあやしたり反応してはいけません。飼い主が反応すると、猫は自分の領域に変化が生じたと深刻に受け止める可能性があるからです。猫が新しい猫のいる部屋が気になっているようだったら、新しいおもちゃや遊びで気を紛らわしてあげるといいです。

相手の匂いに適応

Pet_supplement_kanagawa_新たにねこを迎え、成功する引き合わせ方とは?

4つめ、先住猫が新しい猫に対して警戒心が収まったと判断した場合は、お互いのおもちゃや布団などを使わせて、相手の匂いに適応できるようにしましょう。相手の臭いを嗅いでうなったり、攻撃性を示す時は無視し、逆に猫たちが肯定的な反応を示したら、おやつをあげて相手の臭いについて良い認識を植え付けていきましょう。

お互いの姿を見せる

Pet_supplement_kanagawa_新たにねこを迎え、成功する引き合わせ方とは?

5つめ、新しい猫がいる部屋のドアに安全ドアを設置し、お互いの姿を見せる段階です。この時、攻撃性を示して興奮する場合はすぐに部屋のドアを閉めるか、布団で隠してください。徐々に相手を見る時間を増やして適応期間を設けましょう。このような過程を通じてお互いの姿を見ることはできますが、各自の領域には入ってこないのでお互いに自然に慣れることができます。 

食事の時間を一緒に過ごせる

Pet_supplement_kanagawa_新たにねこを迎え、成功する引き合わせ方とは?

安全ドアをはさんで部屋のドアを完全に開けたら食事の時間を一緒に過ごせるようにしましょう。先住猫が新しい猫に飼い主を奪われた気にならないためにキャットフードを与えるときはいつも先住猫に先にあげないといけません。また、新しい猫に攻撃性を見せずに興味を示すたびにおやつをあげると新しい猫に早く適応できます。 猫たちの適応度によって、餌入れの位置をお互いの近くにしていく方法もいいでしょう。 

この段階でお互いの空間を紹介してあげるのも良いでしょう。先住猫は新しい猫の部屋で、新しい猫は先住猫の部屋でお互いの匂いを嗅ぎあうことでもっと慣れることができます。 

安全ドアを外す

Pet_supplement_kanagawa_新たにねこを迎え、成功する引き合わせ方とは?

前のステップまでの十分な適応期間を経ていれば、もう安全ドアを外してもいいです。この段階でも攻撃性を見せる場合があるため、飼い主は、猫がうなるか、耳が後ろに反っていないか、体を立たせるかなどの反応があるかを常に見守らなければなりません。 新しい猫が使用していたお皿、クッション、トイレなどは継続して使用し、それぞれの独立した空間を設けてあげないとトラブルを減らすことはできません。また、飼い主は先住猫が嫉妬しないように、新しい猫と平等に可愛がってあげましょう。

猫を迎え入れる過程で攻撃的な反応による突発的な状況が起きたり、ストレスで嘔吐するなどの問題が発生することがあるので、できるだけ飼い主が猫と一緒に過ごし、反応を見る必要があります。 一度相手に敵対心を持つと、簡単には元に 戻せないので、飼い主は忍耐強くゆっくりと新しい猫と引き合わせる必要があります。以上、平和に新しい猫を引き合わせるための方法と注意事項をお伝えしました。 皆さん、幸せな猫との時間をお過ごしください。

関連記事

PAGE TOP