猫の抜け毛対策総集編!知っておくと得する猫ちゃんのお手入れ知識

猫は自分で毛づくろいをする動物ですが、グルーミングだけでは猫の毛を完璧に管理できません。抜けた毛をしっかり処理しないと、すぐにもつれて空気循環が悪くなり、体温調節がうまくできなくなります。そうなると、もつれた毛の中に寄生虫が増殖して健康的な生活を送ることができません。では飼い主はどうやって毛のお手入れをしてあげたらいいのでしょうか。

短毛種

短毛種は長毛種に比べて毛の管理が簡単なので、以下の内容は毛の基本的な管理方法と考えながらお読みください。

猫サプリメントはケアプラス_猫の毛の管理方法

ブラッシング

一般的に1週間に1回が適切です

短毛種といっても猫の毛の長さや太さなどが種によって異なるので、1週間に1回を目安にそれぞれの猫に適した周期でブラッシングすると良いでしょう。 冬の厚い毛が抜ける4月~6月と夏毛から冬の毛に変わる10月~12月は毛の入れ替え期間なので毛がたくさん抜けます。そのため、普段より頻繁にお手入れすれば毛の絡まりを予防できるのと同時に、くしの刺激を通じて猫の肌の血液循環を促すことができます。

飼い主がブラッシングを怠ると毛がもつれやすくなり、胃に毛が溜まって毛玉を頻繁に吐くようになります。しかし、ブラッシングをしすぎると猫はストレスを感じるでしょう。 そのため、なるべく幼い頃からブラッシングを始めて習慣化しましょう。

ブラシは目の荒いくしを使い、毛並みに沿って頭から尻尾まで優しくブラシを通した後、目の細かいブラシで毛を整えます。 短毛種は、先の丸いゴムブラシやソフトタイプの天然毛ブラシでケアします。

猫サプリメントはケアプラス_猫の毛の管理方法

お風呂

猫たちは自分でグルーミングをするので犬に比べて頻繁にお風呂に入れる必要はありませんが、毛替えの時期に合わせてお風呂に入れると、グルーミングやブラッシングで取りきれなかった毛を取ることができます。 それだけでなく、お風呂に入ることで毛の油分や異質物を落とすことができるので、ブラッシングがしやすくなります。

しかしほとんどの猫は水を嫌ったり怖がったりするので、必ずしなければいけない場合以外は、短毛種は年に1~2回程度が適当とされています。

猫サプリメントはケアプラス_猫の毛の管理方法

トリミング

猫にとって必要な場合は、夏場や抜け毛の時期に毛を短く切ってケアしてあげるのも、毛の手入れにいいです。頻繁に毛玉を吐く猫やグルーミングをあまりしないせいできつい匂いがする猫、フケがある猫の場合、毛を短く切ってあげれば問題解決に役立ちます。 ですが、トリミングへの抵抗が激しい猫が多いので、トリミングが苦手な猫たちにはおすすめしないです。

猫サプリメントはケアプラス_猫の毛の管理方法

栄養剤と餌

ブラッシングとともに猫の肌や毛のケアのために、栄養剤や栄養豊富なキャットフードをあげましょう。被毛栄養剤はテラコート、オメガ-3、被毛用デンタル、ビール酵母など、様々な製品が販売されております。 栄養剤を与えると、肌の治癒と再生、そして乾燥を予防し、毛根や毛質が改善され、肌のトラブルが少なくなるだけでなく、抜け毛を減少させる効果があります

長毛種

つややかでボリュームのある長毛猫の上品で優雅な姿には、情熱を尽くしてケアする飼い主の涙が出るほどの努力があるといっても過言ではないでしょう。穏やかで愛情深い品種が多く、人気の高い長毛種。そんな愛猫との清潔で健康な生活のためにどのような管理が必要なのかを調べてみましょう。

猫サプリメントはケアプラス_猫の毛の管理方法

ブラッシング

長毛種の場合、目の細かいくしを使ってとかすと、抜けた毛を綺麗に取ることができ、毛のもつれを解消します。ブラッシング方法は短毛種の場合と同じように、目の荒いくしで先にとかした後、細かいくしでもう一度ケアして、抜けた毛を落とします。 無理にブラッシングすると、かえってもつれやすくなるので、肌を傷をつけないように優しくブラッシングすることが大切です。 長毛種は毛が長くてブラッシングするのに時間がかかるので、1日2回に分けてブラッシングするのもいいでしょう

猫サプリメントはケアプラス_猫の毛の管理方法

お風呂

寒い気候に耐えられるよう厚い皮膚と長くてボリュームのある毛を持つ長毛種は、皮脂がたくさん出るため、定期的にお風呂に入れてあげましょう。入浴前にくしでとかして、抜けた毛を取ってあげるといいです。体にお湯をあてて、びっくりしないようにゆっくり進めましょう。 長毛種は毛の中まで十分に水が行き届かないため、水圧の弱いシャワーで毛の内側まで丁寧に洗わないといけません。猫の肌は人の肌と酸性度が違うので猫専用のシャンプーを使う必要があります。また、毛のケアがより難しい長毛種のための専用シャンプーを使うと毛のケアにもっと役立ちます。 夏の場合、お風呂上がりに隅々まで毛を乾かしてあげることによって、肌のカビや細菌が繁殖しない清潔な肌を維持することができます。

また、長毛種の猫は顎や首周りにキャットフードやおやつがついたり、お尻の毛に便がつきやすいです。 飼い主が普段から猫の毛についた異物をすぐに取ってあげると、毛の変色や細菌繁殖による肌トラブルを防ぐことができます。

長毛種は年に3~4回程度の入浴が適当だそうです。 お風呂にストレスを感じる猫の場合、猫の体が汚れた部分だけをその都度洗って管理してください。 最近はすすぎ不要のシャンプーやボディティッシュなど水なしで毛のケアができる商品が出ているそうなのでこれらの商品を利用するのもおすすめです。

猫サプリメントはケアプラス_猫の毛の管理方法

トリミング

短毛種と同様、毛がもつれていたり皮膚疾患を患っていたりなど、トリミングが必要な場合でなければ、あえてトリミングをする必要はありません。しかし、長毛種の毛を切ってあげれば、蒸し暑い夏をもっと涼しく快適に過ごすことができるでしょう。

体とともに足裏や肛門側の毛も注意して管理してあげましょう。 長毛種は足裏の毛が長くなると、歩く時に滑らないよう関節に力を入れすぎて、関節に無理がかかります。なので猫の関節を痛めないよう、足裏の毛は常に短く保つようにしましょう。また、肛門側の毛には便が付きやすいので、短く切るといいでしょう。

ペットサプリはケアプラス_多くの飼い主さんが一度は悩んだことがある、置き餌 vs 決まった時間に餌をあげる

栄養剤と餌

上記の短毛種の場合と同様、高タンパクの食事を通じて根本的な毛質を改善すれば、ツヤのある毛を保ち清潔な生活が送ることができます。 また、長毛種の場合、グルーミングをして胃に溜まる毛の量が短毛種より多いため、毛玉の排出に役立つ餌や栄養剤、おやつをあげるのをおすすめします

健康で清潔な生活を愛猫と送ってください!

猫サプリメントはケアプラス_猫の毛の管理方法

上記の短毛種の場合と同様、高タンパクの食事を通じて根本的な毛質を改善すれば、ツヤのある毛を保ち清潔な生活が送ることができます。 また、長毛種の場合、グルーミングをして胃に溜まる毛の量が短毛種より多いため、毛玉の排出に役立つ餌や栄養剤、おやつをあげるのをおすすめします。

関連記事

PAGE TOP