飼い主に知って欲しい!ペットにとって危険・安心な植物まとめ

生活圏にはペットにとって有害な植物が多く存在しています。この記事に記載した植物は、ごく一部です。観賞用・園芸用の植物は基本的に食べてはいけませんが、その中でも危険な植物を紹介します。もちろん、ペットと一緒にしても安全な植物も紹介したいと思います。

ペットに危険な植物

ペットサプリはカナガワ_ディペンバキア

ディペンバキア

この植物は、大きな葉の緑と白のパターンで見事に見事調和を生み出しいますが、ネコや犬に危険な植物です。カルシウムシュウ酸塩と呼ばれる小さな結晶があり、食べる場合、猫の口周りに刺激と浮腫が生じ、嘔吐と苦痛を起こします。

ペットサプリはカナガワ_スパティフィラム

スパティフィラム

スパティフィラムは室内に飾ることが多く、ペットの被害がよくあります。特に猫は、新芽を食べて中毒を起こします。懲りずに再々発を起こすので注意して下さい。猫の心不全を引き起こす可能性が高い植物ですので、口にしないことが重要です。

ペットサプリはカナガワ_シクラメン

シクラメン

シクラミンと言うサポニン配糖体を含み、嘔吐や胃腸炎を起こす植物です。毒性が弱いですが、大量に食べると死に至る可能性があります。

ペットサプリはカナガワ_アロエ

アロエ

毒草では無いですが、嘔吐や下痢を起こす植物です。アロエの毒性成分は、サポニンとアントラキノングリコシドで、他の症状としては、尿の色の変化と痙攣を起こす場合もあります。

ペットサプリはカナガワ_カラースタジアム

カラースタジアム

中南米が原産であるこの熱帯植物は、室内で育てるおススメ植物ですが、猫の場合、激しい刺激と痛みを誘発し、消化器疾患を引き起こす可能性があります。

ペットサプリはカナガワ_ユリ

ユリ

ユリは人間に無害ですが、動物に毒性を持つものが多いです。猫は特別にユリによる腎不全の可能性が高く。治療に反応せず致死的なので注意が必要です。死亡まで食欲低下・嘔吐・痙攣・狂乱・昏睡が順に症状を起こします。猫の行動範囲のゆリは速やかに捨てるようにしてください。

ペットサプリはカナガワ_チューリップ

チューリップ

ツリピンやツリパリンと言う毒を全草に含み、皮膚炎・口内炎・心不全を起こします。花や葉にも低濃度の毒があるのでペットが食べない様に注意してください。

ペットと一緒に置いても安全な植物

葉に模様のない小型植物

ペットサプリはカナガワ_

バジル

ペットサプリはカナガワ_

タイム

ローズマリー

セージ

テーブルヤシ

ピルレアペペ

ホヤ

葉に模様のある小型植物

マランタ

レウコネウラ

ピレアカディエレイ

カラテアオルナータ

カラテアゼブリナ

フィットニア

葉が細長い中大型植物

アレカヤシ

トックリヤシ

ヒロハケンチャヤシ

シンノウヤシ

カンノンチク

クロロフィツム

葉が硬い中大型植物

ツバキ

ツバキ

オリーブ

カイエンナッツ

ヤツデ

ハラン

カラテアオルビフォリア

ハンギングプラント

リプサリス

ビカクシダ

レモンボタンシダ

セイヨウタマシダ

ヒカゲノカズラ

スエーデンアイビー

関連記事

PAGE TOP